目頭切開でも修正が必要な場合があるので名医を選ぶことが大事です

目頭切開で注意したいこと

目頭切開で発生するトラブルとは

せっかく目頭切開を行なっても、医師の技術が低かったら「効果が出ない」「傷跡が目立つ」「切開しすぎている」などのトラブルが発生する可能性があります。全体的に見ても目頭切開は施術の失敗や後遺症のリスクは低いのですが、このようなリスクを避けるためにも医師選びには細心の注意を払いましょう。

施術を受ける女性

蒙古ひだ形成を行なって修正する

目頭切開のトラブルの1つである皮膚を切りすぎてしまったときに修正する方法に、蒙古ひだ形成があります。蒙古ひだ形成は自分の目頭周辺の皮膚の余りを使用します。皮膚を切開して広げて縫い合わせる複雑な施術になるので、目頭切開を行なう通常の施術よりもより技術が必要とされます。もし蒙古ひだ形成をする場合は、技術力に優れた名医に頼むのが1番です。

優れた医師の条件

失敗などのリスクを回避して理想的な目元を手に入れるためには、目頭切開の名医にお願いしたいですよね。一般的に名医と言われている条件は優れたカウンセリング力を持っていて、技術力が高いことになります。じっくりとカウンセリングを行なって、理想の目元のイメージと個性にあわせて適切な施術法を選択してくれて、安心した技術力を持っている医師こそ信頼出来るでしょう。

これで安心!失敗しない美容外科の選び方をフローで紹介!

まずは美容外科の情報を集めよう

目頭切開を行なうにあたって、まず始めることは美容外科を選ぶことでしょう。失敗しないためにも1つの美容外科を絞るのでなくて比較検討が行えるように複数の美容外科をピックアップする子よが大切です。インターネットで調べたり、街の情報誌に載っている情報や人の紹介などでたくさんの情報を集めましょう。

実際の体験者の情報など口コミを集める

自分が受ける目頭切開と同様の施術を受けた人の口コミや体験談はとても参考になります。カウンセリングの事細かい内容や術後の様子、アフターケアなどが詳細に載っている可能性が高いので、なるべく確認して参考情報として集めていきましょう。

信頼できるポイントをチェックして絞る

色々な美容外科をピックアップすることが出来たら次は比較検討を行ないます。ここで特に大切にしてほしいことは信頼できる技術を持った医師がいる美容外科やクリニックを選択することです。料金を見て安さだけで選ぶのはリスクが高いことと覚えましょう。施術をしてほしい施術内容や過去の施術経歴や症例数、評判の良さを総合的に見て絞っていきます。

来院してカウンセリングを受けてみよう

ある程度美容外科を絞ったら、次は実際に美容外科に行って担当医師がどれだけ親身になってカウンセリングを行なってくれるかを確認してみましょう。また、このときに自分がなりたい理想の目について明確に伝えることが大事です。このカウンセリングで不信感を抱くようであれば、他の美容外科に変えるとよいでしょう。

安心して施術を行なってもらう

情報を集めて、カウンセリングも問題なかったらあとは施術をお願いするだけです。担当医師の技術を信じて目頭切開を行ないましょう。施術当日や術後は色々なルールが決められているので、それもちゃんと守ることも大事です。目頭切開の施術が無事に終わってダウンタイムが過ぎたら、理想の目元になっているでしょう。

注射と女性

こういう美容外科は危険

目頭切開を失敗しないために色々と美容外科を選ぶ基準がありますが、逆にこういうところは危険なポイントもあります。まず、あまりに施術の料金が安すぎるところは避けた方が良いでしょう。施術以外で追加料金を取られてしまったり、万が一トラブルが起こった際のアフターフォローがない場合があります。料金も美容外科を選ぶ基準として大事ですが、そこだけを追求しないように注意しましょう。