理想の目元を手に入れるには術後のダウンタイムにも気を付ける

術後も油断は禁物

術後は安静に過ごそう

目頭切開は他の整形手術と比較してみても、あまり痛みや腫れが少ない手術だと言われていますが、内出血を引き起こしてしまったり感染症を発症した場合は腫れが長引いてしまうこともあります。大体、術後1週間までは目頭を縫合した糸が見えてしまうため、メイクやコンタクトは控えてなるべく安静に過ごしましょう。

施術

傷跡のケアで有効な方法

目頭切開は小さな施術と認識されていますが、メスで皮膚を切開している以上、術後のアフターケアはとても大切になります。術後は腫れてしまう恐れもありますので、その場合は目元を軽く冷やすようにしましょう。冷やすことによって、少しながら腫れを抑えることが出来ます。アフターケアもしっかりと行なうことで、早く回復出来ますよ。

目頭切開の術後についての口コミを見てみよう

目頭切開の施術を終わった当日の様子

先日、目頭切開の施術をやっていきました。術後は痛み止めを飲んで医師と色々と確認を行ない、帰宅できました。家に帰って鏡を見てみると、目頭がちょっと引っ張られる感覚があって多少腫れと赤みがありました。腫れが続いたので、氷で冷やしたりするとちょっと良くなった気がしますね。ダウンタイムは安静に過ごすのが一番ですが、どうしても外出しないといけない場合はサングラスでカバーできるので、問題はないです。

目頭切開のダウンタイムで気を付けたこと

目頭切開が終わって気を付けたことは、とにかくダウンタイムの間は目元に刺激を与えないで過ごしたことです。ダウンタイムの間はメイクやコンタクトをすることが出来ないので、社会人でもなるべく休暇は取っといた方がいいんじゃないかなと思います。腫れとか痛みもありましたけど、めちゃくちゃひどいわけでも無くて時間がたてば気にならなくなりました。やっぱ術後も綺麗にしたいなら、安静にすることです。

診察

目頭切開の施術後の傷に負担がかかってしまうと、目立ちやすい傷が残ってしまう恐れがあります。そのため、当たり前のことですが術後は傷をこすったり触ったりしない、ゴシゴシしないことが大前提になります。なお、もし術後にトラブルが発生してしまった場合は、早急に施術を行なった美容外科に行くことが大事でしょう。